■□■□ 「うつ病」と「うつ状態」の違いについて ■□■□


このプログラムには医療行為的なものは一切含まれません。

あくまで、精神科ナースとしての知識、元患者としての経験に基づいた判断基準となっております。(医師法・薬事法に遵守したプログラムです。)

ご不明な点は、メールで、お気軽にご質問下さいませ。

説 明

うつ状態とは、抑うつ気分、落ち込み、意欲減退、思考力低下、集中力低下、食欲不振または過食、不眠、ものごとの興味関心がなくなるといった状態をいいます。

うつ病では、これらの症状が2週間以上続き、日内変動(朝気分が悪く、夕方になると比較的良い)があること、抗うつ剤が効きやすいのが特徴的です。今までに経験したことのないようなひどい落ち込みが続きます。(うつ病の回復期にある人は、違った病相を程してくるでしょう。)

エネルギーが消失したような状態で、よくガソリン切れの車に例えられます。うつ病の人は、とにかく心身ともに安静にし、服薬をしながら回復するまでは極力何もしないことが、一般的な治療法です。

うつ病ではなくても、このような状態に陥ることはあるでしょう。例えばショックなことがあった時や、ストレスがたまった時、生理前などは、上のような症状が出ますが大抵1週間程で治まるか、元に戻ってゆきます。これは病気ではありません。

抑うつ神経症、不安神経症、パニック障害、自律神経失調症、強迫性障害、人格障害、統合失調症、摂食障害などでも、上のような症状が出ることがあります。これがいわゆる「うつ状態」です。もちろん、これらの病気とうつ病を併発している場合もあります。比較的軽いうつ状態が、長期的に続くことが多いようです。

うつ病の方は、とにかく休むことが一番の治療法です。うつ病の方で他の症状や問題を抱える方(うつ病とパニック障害など)は、まず、うつ病を回復させることが大切です。うつ病の方は、本当にほんの些細なことを実行するにも困難を感じます。そのような状態でのこのプログラムの実行は、難しいでしょう。文字通り、実践するものだからです。

医師によっては、あえて病名をにごした形でおっしゃる場合もあるようです。はっきり知りたいという方は、聞いてみても良いでしょう。また、発症間もない頃は病名が付きにくかったり、経過とともに病名が変わることもあるようです。

医師によって、解釈の仕方や使用する言葉に違いがありますが、専門書で調べたことや経験などから総合して、このような見解になりました。なおこれは、このプログラムを実行するにあたり、「うつ病」と「うつ状態」の違いを明確にする目的で書いたものです。


⇒ 前の画面に戻るには、ブラウザを閉じてください。


カウンセリング・メールスカイプ・悩み相談所 【心のナースコール】 提供
(C) COPY RIGHT .All Rights Reserved ハートフルスマイル.