子供のメンタルヘルス

カウンセリング・悩み・恋愛・相談 心のナースコール 子供のメンタルヘルス


■はじめに・・・■

心の病を考える時、「子供時代」というのは欠かせない要素のような気がします。その人の人格、自己像の形成、心の成長、社会的成熟、等をしていく時期だからです。いわば心の病の問題も、この時期に確立されてしまう可能性が高いといっても過言ではないように思うのです。(2、3歳から発症するものや、先天性の心の病はこの通りではありません。)

逆の言い方をすれば、子供時代に何かしらの異常に親や周りの大人が気づいて対処するだけで、病気の本格的な発症を防げると専門家も指摘しています。

心の病や問題を抱える方は、子供の頃の家庭環境に何かしらの問題があった、心の傷を受けるような出来事があった、という方がほとんどのようです。(談話室やメール相談でもこのような方を多々見受けます。)

*問題点と症例*

■アダルトチルドレン (注)*1
自分を認めることができない、自分を好きになれない、自己卑下が強い。

■幼少期に母親との接触がなかったあるいは、少なかった(愛情不足)。
 不安神経症、妊娠・育児拒否、拒食症・過食症などになりやすいと言われる。

■母親との分離ができない(過干渉など)まま成長してゆく。
 境界性人格障害になりやすいと言われる。

代表的なものをあげてみました。また、子供時代の行動や習慣は大人になっても引きずるケースが多いと言います。

現代を生きる子供達の心の病は、その時代性から複雑、多様・多彩化してきていると考えらえます。このコンテンツでは、子供時代の心のケアの重要性、子供の心の病はどんなものがあるのか、などを見ていきたいと思っています。そして、「心の病予備軍」となるような子供が少しでも減少し、明るく元気な子供達が増えてくれれば・・・と、祈るばかりです。

*ここで言う子供とは、2歳〜18歳くらいまでを指します。


■子供のメンタルヘルスを考える上でのポイント■


★子供のSOS、些細な不調を見逃さない★

子供が発信するSOS信号や些細な不調を、単なる甘え、わがままと取らないことが大切です。日本には、我慢が美徳、忍耐が美徳という言葉がよく使われます。現代でもそのような風潮がまだ残っており、多くの大人は子供に対し、「我慢」という言葉を強く教えるでしょう。

これは何も、「子供を甘やかせ」と言っているわけではありません。調子の悪さを訴える子供を、「それくらいなら我慢しなさい」「わがまま言うんじゃありません」と、子供の真意も聞かずに、時に大人の都合で叱りつけることもあるでしょう。

ここで大切なのが、子供の訴えによく耳を傾けるということです。調子の悪いところを、もっと具体的に詳しく聞いてみる、他に調子の悪いところはないか聞いてみる、最近何か変わったことはないか聞いてみる等です。叱るのは、その後でも遅くないでしょう。

また、このような時に子供の訴えをきちんと聞いて、SOSを受け止めることにより、裏に潜んでいる病気や問題点を見つけることも可能です。子供のことを受け止めて共感する、それだけでも子供は安心して症状が軽減することもあります。逆に甘やかしすぎる親もいるようです。厳しさと優しさのバランスが大切と言えるでしょう。

子供は、大人に比べて心身の結びつきが強いと言います。ですから、精神的なストレスが身体症状に現れやすいのです。単なる腹痛や、頭痛でも、そこには心からのサインが隠れている可能性があるのです。

★神経質になりすぎない、慌てない★

神経質な人に育てられた人は、神経質な子供になりやすいそうです。また、子供の症状や問題に慌てふためき、冷静な判断ができなくなっている親も見られます。自分の子供のことですから心配のあまり冷静になれないこともあるかもしれませんが、親が慌ててしまうと子供は、動揺してしまいます。

★子供をとりまく大人たち★

子供というのは大人の言うこと、成すことを見て育っていきます。年齢の低い子供は、大人の言うことは絶対なのだと受け止めるのです。子供時代は自己像を形成していく大切な時期です。この時期の周りの大人の対応や言動によって子供の自己像は作られてゆきます。

幼い頃きょうだいと比べられ、劣等生扱いされたり、あまり褒められることのなかった子供は、自分に対する自信が極端になく、常に自分を責めたり、自己卑下の傾向が強くなります。大人から受けた言葉の暴力や体罰で、未だに傷を負っている人もいます。こうしたことが、心の病に結びつくこともあるのです。

子供は大人の縮小版ではありません。子供は子供としての成長、成熟といった役割を日々果たしながら生きているのです。

■子供の自己像形成に影響を与える大人の重要性・実例■

こんな実験結果があります。とある小学校で、ある博士が「特別な知能を測るテスト」とう名目で試験をさせます。そして試験が終わり、結果を見ながら博士は、こう言うのです。「O君は、トップクラスの生徒になるでしょう。」

実は、この試験は、特別な知能を測るテストでも何でもないのです。実験のためのテストにすぎなかったのです。そして、O君は、成績の悪い子供でした。

博士に「O君は、トップクラスの生徒になる」と言われた担任の先生は、O君に接する態度も見る目も変わります。思いやりを持って接し、気配りもするようになります。すると、O君の成績はぐんぐん伸びて、本当にトップクラスの生徒になりました。

このように、子供の自己像形成には、大人の接し方が重要であり、良くも悪くもその子供に影響を与えてしまうのです。

■困った時は、相談を!■

子供に何らかの問題があり、どうしてよいのかわからない時、またはちょっとしたことだけれど・・・という場合でも相談することが大切です。

相談機関としては、保健所、児童相談所、スクールカウンセラー、民間のカウンセラー、精神科、などです。子供を専門にした機関や専門の方がいるところが望ましいのですが、大切なのは相談員の「人柄」だと思っています。
特別、児童・子供に特化した場所でなくても相談可能な場合もあります。そこを足ががりに、別の相談機関を紹介してもらえる場合もあります。

相談員に親身な感じが見受けられなかったり、軽視されたり、「お母さんが悪いんですよ!」などと罵るような相談員は、一般的に避けた方が良いと思われます。


ここからは、子供の心の病気についての説明です。



子供の心身症 不登校について



(注)*1 (アダルトチルドレン)アルコール依存症の親のもとに育った子供を指す。最近では、様々な嗜癖など機能不全の家庭で育った子供など広い意味で使われる。

   


生活上のお悩みをお気軽にご相談下さい。あなた様のお力になりたい。
◆SOS 心のナースコール(カウンセリング・悩み・相談・恋愛)◆トップページへ戻る