女性の体とストレス

カウンセリング・悩み・恋愛・相談 心のナースコール


 ストレスというものは、良くないもの、やっかいなものとして扱われがちです。しかし、適度なストレスは人間にとってなくてはならないものなのです。適度なストレスは、精神的な成熟を促したり、それを乗り越えることによって、人生の喜びを得たりすることができます。

 ストレスの原因となるものをストレッサーと呼びます。女性は、ライフイベントの変化が男性よりも激しい傾向があり、また男性とは違った独特のライフイベント(月経、結婚とそれに伴う生活環境の変化、妊娠、出産、育児、更年期障害等)があるため、よりストレスを感じやすいようです。



女性の年代別おもなストレッサー

20代 恋愛の悩み、仕事の悩み、結婚の悩み
30代 妊娠・出産、育児の悩み、結婚生活の悩み、近所付き合いの悩み
40代・50代 介護の悩み、子供の進学・結婚問題の悩み、更年期障害による不快な症状、親戚付き合い、老後の不安

ホルモンバランスの変化に伴ったストレッサー

月経前緊張症、妊娠・出産、更年期障害*産後や大きなストレッサーの多い40代は、うつ病になりやすい時期です。

大きなストレスは、心の病を発症することもあります

大きなストレスにはどんなものがあるのでしょうか?
・配偶者や親しい人の死・妊娠・出産・離婚など。 人間とストレスは、いわば切っても切れないような存在なのです。しかし、ストレスが多すぎるのも問題です。同じような社会環境、生活環境にいてもストレスをためやすい人とそうでない人がいます。

次に、ストレスをためやすい人たちの性格傾向についてお話したいと思います。

ストレスをためやすい人

同じような社会環境、生活環境にいてもストレスをためやすい人とそうでない人がいます。その傾向とは?

・完璧主義さん
「こうでなければならない」という観念が強く、その基盤から外れられない。手抜きができない。

・まじめで仕事熱心さん
心にかなりの不調を感じながらも「仕事はやめられない」「私が急にやめると、まわりの人に迷惑がかかる」と言ってギリギリの状態になるまで我慢してしまう。

・こだわりさん
ものごとにこだわりやすく、他人のちょっとした言動にも深く追求する癖がある。嫌なことを流すことができずいつも心の中にためている。

・いい人さん
「人から認められたい」という願望が強く、否定されることを極度に恐れている。そのため、まわりの期待に答えようと頑張りすぎる。人からの評価を常に気にするため、人の顔色を伺いながら、ものごと進めるところがあるため極端に疲れてしまう。幼いころに親や周囲の人から否定的な言葉をかけられて育ったり、不安定な家庭環境の中で育った人に多い。

 これらの傾向を複数合わせ持っている場合も少なくありません。また、これらの性格傾向を持つ人は、勉学優秀だったり、人に対する気遣いが出来たり、職場でも重宝がられる傾向が強いのです。そう、決して悪い性格傾向ではないのです。ただ、ちょっとバランスの取り方が下手なために、自分を苦しくさせてしまっているのです。

 このような傾向を持つ人は、ストレスをためやすいようです。
次に、そんなストレスをためやすい人たちに向けたアドバイスをしていきたいと思います。
   

 
性格傾向別アドバイス

・完璧主義さんへ 
人間はロボットではないのですから、いつもいつも完璧に物事をこなすことなどできないのです。「人間なんだから」と割り切ることも必要です。

・まじめで仕事熱心さんへ
我慢できるくらいの努力なら良いのですが、人間には限界というものがあります。また、人間は誰しも多少の迷惑をかけたり、かけられたりしながら生きてゆくものではないでしょうか?我慢の限界を超えて、どうしようもない状態になった時、今よりも、もっと迷惑をかけることにもなりかねないことを考えましょう。

・こだわりさんへ 
嫌なことがあった時の気持ちや、不快な感情を忘れることができない気持ちはとてもよくわかります。では、無理やり忘れるようにした方がいいのでしょうか?いいえ。無理やり忘れようとすると余計に忘れられなくなります。ちょっとの間は自分の心の中に置いておいても大丈夫です。少し時間がたったら、その感情を流すようにしましょう。あなたがこだわってもこだわらなくても過去は変わらないということを認識しましょう。 
        
・いい人さんへ 
子供の頃にまわりから、あまり認められずに育っている人に多い性格傾向です。今から代わりに自分で自分を認めてあげましょう。また、全ての人に受け入れられる人などいないということを理解しましょう。全ての人に受け入れられることなど不可能なのです。不可能なことを可能にしようとするから苦しいのです。

 ストレスは自分を成長させてくれるものです。「これを乗り越えられたら、また大きくなれるんだ」そんなふうに考え、ストレスと上手に向き合っていきましょう。          


生活上のお悩みをお気軽にご相談下さい。あなた様のお力になりたい。
◆SOS 心のナースコール(カウンセリング・悩み・相談・恋愛)◆トップページへ戻る