トップページ > カウンセラーという職業1|カウンセリング/相談/悩み

カウンセラーという職業1|カウンセリング/相談/悩みCounseling

  
             カウンセリングイメージ

心理カウンセラーという職業は、

日本ではまだまだ認知度が低いと感じます。カウンセラーになりたいけど、どうしたら良いというご質問を頂くことがありますが、カウンセラーという職業は、本質的には才能職であり、パーソナリティが問われる技術職でもあると思います。

もちろんこれらはすぐに培えるわけではありませんが、学校で心理学を学び、NPO法人の資格を取って
カウンセリング/悩み相談をされている方や独学で学び、経験に基づいてカウンセリング/悩み相談を行っている方など様々です。

このカウンセラーに関して、どのような経歴でなられても良いと思います。ただ一つ重要なことは、他人の心の援助をする以上、自分自身の性格分析が出来ていなければなりません。それは、世間一般で言う”立派な人間だ”とかそういう話ではありません。

自分はこういう性格傾向があるというものを掴んでいる必要があります。それは、自分自身を客観的なメガネで観る作業となります。人はこう考えるけど、自分はこうだとか・・・いろいろと気づかされることがたくさんあります。

カウンセリング/悩み相談の勉強をある程度していくと、結局は自分自身にたどり着くのですね。えっ!と思われるかもしれませんが、いつも平面の鏡で見ている自分の姿や自分で認知している声を考えてみて下さい。

実はあの姿や声は、他人から見たら、かなり違う姿であることを知っていましたか。ビデオで撮影してもらった立体的な自分の姿と声が本当の自分です。性格もそうであるように、自分自身が思い込んでいたものが、実は他人から見れば正反対であったなんてことも多いですよ。

だから、カウンセリング/悩み相談を勉強する人たちは、自分に興味がわき、まずは自分を大切にするようになってきます。自分を大切に出来ない人は、カウンセリング/悩み相談場面でも他人のことなど、親身に考えられるはずはないですからね。


Copyright(C) ハートフルスマイル  All Rights Reserved.